〈関係先リンク〉
株式会社東陽理化学研究所
企業理念

地球環境に適応した新しい技術および製品の開発を通して、地球環境の保全、地域の発展、社会の安全に貢献することを基本理念としています。
会社情報

商号
有限会社マロニエ技術研究所
設立
2004年10月
資本金
400万円
代表者
代表取締役 中井俊一
(宇都宮大学名誉教授 理学博士)
s1nakai@snow.ucatv.ne.jp
所在地
〒321-0904
栃木県宇都宮市陽東7-1-2
宇都宮大学 地域共生研究開発センター3F
電話/FAX
028-689-6329
取引銀行
足利銀行本店営業部
沿  革

2004年10月
宇都宮大学発のベンチャー企業第2号として、同大学工学部内に 資本金300万円にて設立
2005年6月
栃木県産業振興センターよりリエゾンリサーチ事業の研究助成金を受ける
2005年10月
NEDOより大学発事業創出実用化研究開発事業の(事前調査事業)研究助成金を受ける
2006年4月
宇都宮市幸町9-17 宇都宮ベンチャーズ212号に移転する
光触媒活性度評価装置(光触媒活性テスター)を開発。特許申請 特願2006-125155
2006年6月
栃木県産業振興センターより平成18年度地域産業創生事業の助成金を受ける
2006年10月
第56回栃木県発明展覧会にて(社)発明協会会長奨励賞を受賞
2006年11月
資本金を400万円に増資
2007年10月
光触媒活性テスターPAM-S5を発表
2008年10月
光触媒活性テスターPAM-NT1を丸井計器と共同開発
平成20年度JST「重点地域研究開発推進プログラム」(地域ニーズ即応型)に採択
国際光触媒展2008に出展、光触媒活性テスターPAM-NT1を展示
2008年12月
光機能材料研究会第15回シンポジウムにて光触媒活性テスターPAM-NT1を発表
2009年4月
研究所を宇都宮市陽東7-1-2
宇都宮大学地域共生研究開発センター3Fに移転
2009年10月
国際光触媒展2009に出展、光触媒活性テスター PAM-NT1を展示
2009年12月
光機能材料研究会第16回シンポジウムにて、光触媒活性テスターPAM-NT1を発表
2010年12月
光機能材料研究会第17回シンポジウムにて、光触媒活性テスターPAM-NT2を発表
2011年12月 光機能材料研究会第18回シンポジウムにて、「光触媒活性テスターの実証試験」を発表
2012年5月 加湿空気清浄機の特許出願(特願2012-104346)
2012年5月 「グローバル技術連携・創業支援補助金(創業枠)全国中小企業団体中央会」に採択される
2014年6月 宇都宮市の新産業創出支援事業補助金(フエーズ I )に採択される
2015年6月 宇都宮市の新産業創出支援事業補助金(フエーズ II )に採択される
2015年7月 ZL201210494844.7「浄化装置及び浄化方法」中国特許登録
2015年10 特許第5822307号「加湿器及び加湿方法」国内特許登録